正式な喪服用の着物はセット購入がお得

正式な喪服に着物を着る場合、全身を黒で統一することを心がけましょう。ただ、半襟や足袋は白い物を身に付けます。バッグや草履などの小物類も、黒で統一します。正式な喪服は用意してあった方が、いざという時に慌てません。単品で着物や小物を買い集めるよりも、呉服店などで扱っている喪服セットを購入した方がお得です。フルセット仕様なら、襦袢や小物類を含めて必要な物が全てセットされています。家紋も購入時に入れてもらえるので、これから正式な喪服を購入する場合はおすすめです。着物の場合、夏用と冬用では生地が違います。セットによっては、夏冬両方が入ったタイプと、夏用セットと冬用セット、それぞれ別に用意されているタイプがあります。手っ取り早く揃えるには両方入ったタイプが良いですが、より本格的な物を希望するなら、それぞれ別のセットがおすすめです。

成人式の着物姿前撮りはベストシーズンを選ぶ

成人式の記念写真を着物姿で前撮りする場合、前撮りのベストシーズンを選ぶのがおすすめです。特にロケーション撮影有りの時は、外での撮影が苦にならない季節にすると良いです。最近は着物を着る機会があまりないので、撮影時は慣れない姿で長時間過ごすことになります。真夏や真冬は、室内でもきついと感じるかもしれません。さらにロケーション撮影があると、外が苦痛に感じることもあるでしょう。そのため、着物姿の前撮りは初夏がベストです。真夏になる前の時期は、過ごしやすく緑も多いので、ロケーション撮影にはぴったりです。室内のみの撮影でも、苦痛は感じないでしょう。まだ前撮りの申し込みが少ない時期で繁忙期ではないため、撮影スタッフにも余裕があります。せっかくの和装姿をきれいに残すためには、前撮りのベストシーズンを考慮して申し込みましょう。

着物が好きでお金を貯めて購入

成人式や結婚式等で着物を着る事はありましたが、毎回レンタルで自分の物が欲しいなと思っていました。しかしお店に行って見積もりをしてもらってもとても買えそうに無く、諦めていました。しかしお給料が上がる事になり又お店に行った時に一目惚れした着物が忘れられなかったので、普段の生活をより節約し、お金を貯めて着物を買う事になりました。保管方法も聞き、とても大切に保管しています。そして何かイベントがある度に、自分でも着れる様にと着付けの教室に通いました。それを着ているだけでとても幸せな気持ちになり、又落ち着いたグリーンの色なので皆から癒されるととても好評です。時々人に貸す事もあり、皆から愛されているので買ってよかったなと思っています。決して安い物ではないですが、一着は持っているととても便利だなと思っています。